海外FX事業者の人気が低迷している理由

海外のFX事業者は数多く存在しますが、現在副業でFXをするとなると人気が高いのは海外のFX事業者ではなく、日本国内のFX事業者が多くを占めます。この逆転現象ですが、一つは詐欺であるという声が多く上がるようになり始めたが故海外FX事業者は衰退をしていると言えます。

なぜ詐欺であると被害を訴える人物が増えたのかに追ですが、実は海外のFX事業者は認可をきちんととっている事業者とそうではない事業者があり、それぞれFX事業を手掛けています。その為きちんと認可を受けた海外事業者においては認可証があるが故、顧客となる投資家は安心してその認可証を信じて投資をすることが出来るのです。ところが認可証が無い場合、お客さんを寄り付かせる手法を考える必要があり生み出されたのがキャンペーンです。

このキャンペーンは海外の事業者に多く、簡潔に言いますと口座開設したら資金をプレゼントし増すみたいなキャンペーンです。現金が貰えるのであればお得であるということで口座を作るのですが、実はこれ、現金を引き出すのには条件が付くのです。放り込まれている現金の倍額をFXで利益を得た場合取り出すことが出来るなどの条件が付いているが故それを知らずに登録してしまうと詐欺であると被害を訴えるわけです。

と言うのも海外では、FX事業に参入できるものは金融機関の届け出を必要としていないため誰でも可能であるが故、こうしたキャンペーンを駆使してサービス利用者を募るのです。この手法は最初でこそ皆に受け入れられましたが、やはり運営自体がおろそかであるが故、そもそも投資家がいない状況で現金が動かない取引所でどうやって取引をすればよいのかと言う問題が生じ始め人気を失いつつあるのです。これはインターネットが爆発的に普及しスマートフォンからでもFX取引が出来るようになった現在においては安全性がない未認可の取引所を利用することに魅力を感じなくなったのです。

ただ、未認可側の取引所は利用者を募るためには仕方なくキャンペーンを打ち出す必要性があるが故、いわば、海外FX事業者は飽和状態となっているのです。日本はFX事業者が数社なので飽和状態とならず、安定した市場であるが故利用者が多いのです。これが海外FX事業者の人気が低迷している理由ですが、この問題はあくまで正規の取引所ライセンスが無いFX取引所のお話でライセンスがある取引所においては利用者も多く、投資家を守る措置もある為必ずしも海外のFX事業者のすべてが低迷をしているわけではないです。

海外事業者の中には日本を意識してサービスを打ち出している事業者も多く、そうした事業者においては投資かの方を保護すべくゼロカットの他レバレッジを抑えるなどの処置をしており、投資を行う人物の財産が極端に失われないような工夫も取り入れているため安全な取引所においては安全であると言えるのです。

SNSでもご購読できます。